佐々木鐵心水墨画回顧展

ギャラリー画禅庵では、平成20年(2008年)に惜しまれつつこの世を去った水墨画家佐々木鐵心(享年65)の遺作展として、毎月テーマを変え水墨画作品を展示しています。約45年間毎日筆を持ち、ただひたすら墨の美しさを追い求め続けた現代の絵師佐々木鐵心の思いを込めた作品をぜひ生で見て感じてください。

令和3年3月の回顧展

水墨画を題材にした小説「線は、僕を描く」でも最初に描く画題として登場する蘭。

鐵心も淡南先生から初めて手ほどきを受けたのが蘭でした。1本の線の面白さに注目ください。

過去の展示